トナートナーカートリッジはプリンターで印刷する為に必要な事務用品です。トナーカートリッジにはリサイクルトナーと呼ばれるものがあり、純正品と比べて格段に安い値段で購入することができます。それでは、リサイクルトナーはなぜこんなに安いのでしょうか。その理由は二つあります。

まず一つ目は純正品を製造しているメーカーの販売管理費と呼ばれるコストが高い為です。純正品を製造しているメーカーは、いわゆる大手企業ですので、純正品の価格には製造費だけではなく一般管理費やマーケティングのための販売費などといったコストが含まれています。そして大手メーカーの人件費は更に純正品を高くしている要因にもなりますので、このような理由から純正品はリサイクルトナーよりも高くなってしまうのです。

二つ目の理由としては、純正品を製造しているメーカーはあらゆる環境や条件下でも問題なく印刷できるようにトナーカートリッジを設計しています。一方でリサイクルトナーは通常のオフィスで一般的な使用をする場合に限定して設計しています。過酷な環境・条件でも使用できるようにしている純正品は当然のことながら原価が高くなります。従って、通常のオフィスで一般的な使用をする場合においては、業務用リサイクルトナーと純正品では価格以上の差がありません。また、リサイクルトナーであっても万が一、不具合が生じた場合には販売店の保証期間が付いていることがほとんどですので、ご安心して下さい。

女の子会社で経費を削減する為に注目したいのが、プリンターで使用されるトナーカートリッジです。トナーカートリッジには純正品とリサイクルトナーの二種類があり、リサイクルトナーは純正品に比べて非常に安い為、経費削減という意味では非常に効果的です。そんなリサイクルトナーですが、実際に品質はいかがなものかと疑う人も非常に多いのも事実です。しかし、会社で使用するリサイクルトナーは基本的には業務用のリサイクルトナーを使用する為、逆にリサイクルトナーは会社で印刷される書類などに適しているトナーカートリッジとして作られている為、基本的に品質上は何の問題もないでしょう

品質に問題がなくても実際のリサイクルトナーはどのように作られているのかという工程も気になるところ。リサイクルトナーは使用済みのトナーカートリッジを回収して、その空カートリッジにトナーを詰めて、作られていると思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、業務用に使用されるリサイクルトナーはトナーを補充するだけではありません。回収した使用済みのカートリッジを分解、部品洗浄、消耗品を交換した後に、新しいトナーを補充し厳しい印字検査を行った上で出荷していますのでご安心下さい。

コピー機会社の仕事でよく利用するプリンター。このプリンターを使う人の中で最も経費削減ができる事務用品と言えば、トナーカートリッジです。このトナーカートリッジには純正品とリサイクル品の二つがあり、一般的に経費を削減するのならばリサイクル品を使用するのが一般的な考え方です。そんな二種類あるトナーカートリッジですが、素人からすると何がどう違っているのかという点はあまり知られていません。逆に言えば、トナーカートリッジは安くても印刷するのに何も問題がなければ1円でも安いリサイクルトナーを選ぶ人がほとんどでしょう。そこで、この違いを知る必要があります。

まず純正品ですが、その名の通り、公式の品であり、プリンターを製造したメーカーから発売されているものです。それに対して、リサイクルトナーは、その名の通り、リサイクルをされたものです。一度使ったトナーカートリッジにインクを詰め直したものです

この二つのメリットにおける違いはどのようなものがあるのでしょうか。純正品のメリットはプリンターを製造したメーカーが販売しているトナーカートリッジという安心感です。万が一の故障の場合にも補償が効くケースがほとんどです。それに対してリサイクルトナーは、純正品と比べて格段に安価です。また、純正品ではもう取り扱っていない型番のトナーの場合、リサイクルトナーでしか手に入れられません。品質においても、技術の進化により向上している傾向にあります。このサイトでは、経費削減のためにリサイクルトナーを購入する際に覚えておきたいことについて解説していきます。