コピー機会社の仕事でよく利用するプリンター。このプリンターを使う人の中で最も経費削減ができる事務用品と言えば、トナーカートリッジです。このトナーカートリッジには純正品とリサイクル品の二つがあり、一般的に経費を削減するのならばリサイクル品を使用するのが一般的な考え方です。そんな二種類あるトナーカートリッジですが、素人からすると何がどう違っているのかという点はあまり知られていません。逆に言えば、トナーカートリッジは安くても印刷するのに何も問題がなければ1円でも安いリサイクルトナーを選ぶ人がほとんどでしょう。そこで、この違いを知る必要があります。

まず純正品ですが、その名の通り、公式の品であり、プリンターを製造したメーカーから発売されているものです。それに対して、リサイクルトナーは、その名の通り、リサイクルをされたものです。一度使ったトナーカートリッジにインクを詰め直したものです

この二つのメリットにおける違いはどのようなものがあるのでしょうか。純正品のメリットはプリンターを製造したメーカーが販売しているトナーカートリッジという安心感です。万が一の故障の場合にも補償が効くケースがほとんどです。それに対してリサイクルトナーは、純正品と比べて格段に安価です。また、純正品ではもう取り扱っていない型番のトナーの場合、リサイクルトナーでしか手に入れられません。品質においても、技術の進化により向上している傾向にあります。このサイトでは、経費削減のためにリサイクルトナーを購入する際に覚えておきたいことについて解説していきます。